私が保育園の先生に卒園式の時に大変感謝された内容につきまして

私は幼少期の時に、保育園に通う形になっておりました。母親は、パート勤務をしていたのですが、イジメで辞める形となりまして、部屋でほそぼそと内職で生計を立てる形になっておりました。そんな中で、私自信なんとか保育園を継続させてもらえる形になり、保育園に継続して通う形になりましたが、他所から来た者として保育園の先生からも洗礼を浴びる形になりました。その内容としましては、保育園の先生に私だけが場所を指定される形で発達障害の子の隣に面倒見役として配置されるような形でありました。そのような状況から、毎日その発達障害の子を止めるような形で、常にお遊戯会でもどの会でも隣に配置されるような形でありました。私は、歯を食いしばって頑張るような形で、いつも手を繋いでその子と一緒に歩いたり等して、率先してカバーするように、保育園年長の頃に努めました。先生としましては、私が、どんだけ成果を上げても、見てみぬふりと言う形で余所者の私に対して冷たい感じでありました。しかし、卒園式の時に、私を抱きながら「ゴメンね、ゴメンね!今まで耐えてくれてありがとう!」と言う形で、私が辛い立場で頑張っていたことを評価してくださる形で、思わず私も保育園年長の卒園式の際にもらい泣きするような感覚でありました。



コメントは受け付けていません。