息子が世話になった保育園の先生

私自身うっすらと保育園の頃の思い出があるんですが、もっと憶えてるのは息子の小さい頃の話です。
ここでエレメンタリースクールなら神戸でもなにか今は成人した息子、保育園時代はとにかくイタズラ好きで、女の子をよく泣かしてたことを憶えています。
特にある女の子を毎日のようにからかってはスカートをめくってよく先生に叱られてた。
田舎でしたから親御さんは面識もあって、そんなことはわかってたみたいですが
「まあ小さい子供のイタズラですから(笑)」と感じのいいご両親でした。
その女の子はたぶんほんとに嫌がってたとは思いますが。。。

メディカルゲートがおすすめするクリニックはどこにしばらくしてお父さんの転勤が決まって彼女は保育園を移ることになりました。
それを知った息子のイタズラはさらにエスカレート、迎えに行った妻から先生が困ってたと聞かされました。
まあ怪我させたりしたわけではないんですが、やっぱり相手方のことを考えると少しは注意しないとと息子に言い聞かせました。
ちょっとしょんぼりしてましたかね。

保育園最後の日、みんなでお別れを言って彼女の親御さんがお迎えに。
息子は離れたところでその光景を無視したように遊んでました。
先生が息子を呼び、半ば強引に連れてきました。
そして女の子の前に立たせて
「◯◯くん、なんか言いたいことあるでしょ?男の子だからちゃんと言いなさい。」
しばらく黙り込んだ息子。
何も言わずポケットから大事にしてたキーホルダーを彼女に差し出しました。
「ありがとう」と言い彼女は少しはにかんだような気がしました。
「うん」息子はその一言だけ。
でも息子はずっと彼女のことが好きだったんですね。
好きすぎて意地悪するしかできなかった。
私も似たような経験があるなあとふと思いました。

それを先生はずっと見てて知っていて、最後の最後に息子にワンチャンくれたんでしょう。
「またね!」
手を振りながら彼女は帰って行きました。
なんだか大仕事をやってのけたような息子の姿、子供には子供の感情ってありますからね。
それを気にしてくれてた先生に感謝です。
その日の夕飯、珍しく息子はほとんど食事を口にしませんでした。
息子にとっては彼女と会えなくなるのが相当ショックだったんだろうなあ。
でも初恋の苦い経験、今思えばいい思い出じゃないですかね、息子にとっても。
憶えてるかどうかはわかりませんが。


コメントは受け付けていません。