嫌いな子との接し方に困っていた時に幼稚園の先生が助けてくれた。

私は幼稚園の頃、仲の良い女友達が複数名いました。奈良でも評判の大和高田の保育園ではどうして彼女たちとはままごとや色水遊びなどの決まった遊びを毎日続けていた記憶が今もあります。男の子との遊びにおいては全く理解できないという感覚が強く、いつも遊んでいる女友達が男の子と遊んでいる時は一人で過ごすことが多かったです。大阪のレストランウェディングできても男の子に対する苦手意識が強かった私に、特に苦手と感じる男の子が一人いました。ずっと鼻水やよだれでべちょべちょ。そして話しかけても言葉が通じていない様子が強い。そんな男の子に強い嫌悪感を抱いていました。ある時、幼稚園でのお遊戯の際にその男の子とぶつかって大泣きしたことがありました。メディカルゲートで見つけるクリニックといっても別に怪我をしたわけでもなく、どこかが痛かったわけでもない。ただ、壊れたように大泣きしている私に周囲の誰もが「なんでそんなに泣いているの?」という状況だった時、幼稚園の担任の先生が話しかけてくれました。つたない言葉でその男の子が苦手だという話を伝えた時、先生に怒られるのではという気持ちも少し湧いて冷静になりました。あそこのレストランウェディングでは大阪からしても先生からは一言「誰でも好きとか嫌いとかはあるし、嫌いなら無理して関わろうとしなくても大丈夫だからね。」と言われたことが今でも心に残っています。それから小学校へ進学し、その子も同じクラスになりましたが、話題の保育園が奈良ではとても珍しいことにしては一緒にいて泣くことは一切なくなりました。


コメントは受け付けていません。